ほぼ日手帳→→挫折(;¬_¬)
あんなに意気込んで手に入れたほぼ日手帳。
毎日持ち歩いて使ったページはいい感じでヨレってなってる。

デザインはスキ。
紙質もスキ。
雰囲気もスキ。

でも・・・私には使いこなせないふぅ〜ん

そこで、来年の為に「手帳で何をしたいのか」を考えてみた。

1.スケジュールを書く
2.気になる物やレシートをスクラップ
3.家計簿をつける
4.やりたい事、欲しい物などをメモ
5.食べに行ったお店のレビューや地図を書く

次に、「私がほぼ日手帳を使いこなせなかった理由」は・・・
色々考えた結果、理由は大きくふたつあったと思う。

まず、家計簿をつける事を重要視してたんだけど、月間スケジュールのトコには詳細まで入らない。
そこでデイリーのページに書く事にした。
でもこれだと月にいくらくらいどんな物に使ったか把握しにくいし、月間のページとデイリーのページを行ったり来たりするのが面倒
で、結局デイリーのページしか開かなくなって、スケジュール管理はいまいち出来てなかった。

ふたつ目は、デイリーの日付
空白のページもあるし入りきれない日もある。
日付は無視して使おうと思うんだけどやっぱり気になるし、探しにくい。

私はどうもこの、空白のページが許せない性格らしい。
なんだか手帳を活用出来てないような気がするし、無駄にすごしたみたいで・・・

実はもう、次の手帳を手に入れたのだラッキー
ちょっとカワイさにかけるんだけど・・・ま、実用性重視って事で。
只今、自作中なので出来上がったらアップします。
| ポン太 | 本・文具 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
来年の手帳
今年ももうすぐ折り返し地点に差し掛かった。
そろそろ来年の手帳を考え始める時期だ。

なーんて、ホントは思うようにほぼ日手帳を使えなくて
次はどの手帳にしよう・・・って思ってるだけなんだけど。
現在のほぼ日手帳

ほぼ日手帳はなんだかんだ毎日持ち歩いてるし、気にはいってるんだけど・・・
なんか使いこなせてないと思うんだよね。
特に月間スケージュールのページ。
アレがいかん。
うまい使い道が思いつかない(-゛-)
6月からスパッと使い方を変えてみて秋頃までに気に入らなかったら別のにしようかな。
白紙・・・
5月なんて白紙だもんね(* ̄o ̄)ゝ

とりあえず今までの使い方
年間スケジュール → 食べに行ったお店(赤)、作ったお菓子(青)の履歴
              (ここで検索してデイリーに飛ぶと詳細が分かる)
月間スケジュール → 普通にスケジュール & その日使ったお金の金額
              (相方の休みなどなど書きたいこと山盛り)
デイリー → 使ったお金の詳細、その日の記録など

6月からの使い方
年間スケジュール → 入出金額のみ
月間スケジュール → スケジュール、お店、お菓子などもタイトルはココに
デイリー → 日付に関係なく、気になる事ややりたい事などメモメモ&スクラップ
次は自由に。
次に欲しい手帳をメモメモ
| ポン太 | 本・文具 | 20:52 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
クラムボンは笑ったよ
クラムボンは笑ったよ
クラムボンはかぷかぷ笑ったよ


この一文を覚えている人はどのくらいいるのだろうか。

小学生の時、国語の教科書に載っていた。
多分、何かの物語。
どんなストーリーだったのか、登場人物は誰なのか・・・
そんな事はサッパリ忘れていた私。
ただ「クラムボンは笑ったよ」という一説だけが頭に残っていた。

ずっと気になったままだったけど今日、解決に至った。
偶然立ち寄った本屋で「大人も読める絵本」特集が組まれていた。
そこで、宮沢賢治「注文の多いレストラン」の隣に「やまなし」
という本が置いてあった。
何気なく手にとるとそこには・・・

「クラムボンは笑ったよ」の文字が!!!

この機会を逃せば、私は一生クラムボンがなんなのか思い出せないままだ。
買い込んだ荷物を片手に持ち、必死でページをめくる。
・・・が出てきた。
クラムボンは笑ったり、死んだり、、、
そうだ、泡だ!!!
クラムボンは泡だって習ったようなかすかな記憶がよみがえる。

あぁ、すっきりした( ̄∀ ̄)
調べてみると、6年生で習うものらしい。
なんだ、低学年で習ったような気がしてたけどな。
確かに6年生くらいじゃないと、ちょっと解読不能か。
 (というか、大人になったいまでも意味不明)

やまなし
宮沢 賢治, 小林 敏也

| ポン太 | 本・文具 | 20:50 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Lapita 限定・万年筆 「赤と黒」
Lapita 6月号

早速買いに行ってきました。
Lapitaではありません、付録の万年筆です

ペリカーノの書き味は好きだけど、なんと言っても太い・・・
やっぱり漢字を書くのがとってもツライ( ̄ェ ̄;)
もう少し細いのも使ってみたいと思ってたら・・・
Lapita 6月号に万年筆の付録がつくって、アナタ。
もちろん、速攻で買いに行きました。
スイスイ〜

インクがなかなか出ずにちょっとイラっときましたが、無事装着。
グレー?っぽい色で細くて書きやすい。
少し太めのボールペンくらいな気分。
あぁ、これで日記とか書いたら大人チック。

フタを回して閉めるんだって気付かずにフタが閉まらない!!
とあせったのはきっと、私だけでしょうか・・・
ちょっとうす汚れたほぼ日手帳・・・

しばらくはこのコがほぼ日手帳の相棒に決定です。
| ポン太 | 本・文具 | 16:58 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
「スクラップ帖のつくりかた」 松浦さやか  ¥1,365
スクラップ帖のつくりかた

レシピ集を作りたい、集めた雑誌のレシピをまとめたい・・・
と思い続けて、早10年
学生時代はヒマだったから「無印のクリアファイル」にそのままファイルしてた。
でもせっかく作ったのにナゼか愛着がわかなくって全然見返した事ないふぅ〜ん

「ほぼ日手帳」に出会って、レシピを写したり食べに行った写真を貼ったりして
家計簿として、スケジュール帳として、スクラップブックとして利用してきた。

でもそのうちに新聞記事や欲しい物やもっともっとたくさんの物を集めて
自分だけの雑誌のようなスクラップブックを作りたいと思えてきた。

調べてみると今、スクラップする事(スクラップブッキングって言うらしい)
は密かに流行ってるらしく、いろんな本も出ていた。
その中で一番評判がよく、ノーマルな感じのこの本をセレクト。

この手の本って、使える部分が少しと、どーでもいい部分が多数。
・・・・と、思うでしょ?(私だけ?)
でもこの本は全てのページが使えるページだった。

この人は本当にたくさんのノートを使って、たくさんの物を切り抜いてきたんだ。
たくさんのノートの写真たちはとても参考になる。
旅行のイラストや文、見ていてとても楽しいしワクワクする。

とにかくちっちゃいけど内容の濃い本なので、まだまだじっくり読んで
私もお気に入りのスクラップブックを作るんだラッキー


ここで買いました → 筑紫野の蔦屋
蔦屋には他にも、ずっと狙っていたあんな物やこんな物や、
とにかく私が欲しいと思っていた全てのモノがそろっていた星
私にとって蔦屋は最高のアミューズメントパークだ。
| ポン太 | 本・文具 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ペリカン ペリカーノ3色揃い踏み♪
ペリカーノ 3色

この前「伊東屋」で買ったペリカーノのオレンジ
すっごく気に入って、実は次の日にはもうポチってしちゃってたの(*ノ▽ノ)キャ


こんな感じ

でも3色一緒に書いていると「ブルーブラック」「ロイヤルブルー」
かぶってる・・・(-゛-メ)
次は黒にしようかな・・・
「レッド」は見た目、薄!!!水か???
って思ったけど、実際の色はきれいな赤だった。
ホントはもっと赤赤した赤がいいけど、まぁ許容範囲。

しばらくはこの3本で我慢・・・
ペリカノJrが呼んでるけど、あのグリップを愛せるかなって悩む。
(その前に必要ないだろ(゚ロ゚*)ノ)


ペリカーノ(レッド・ブルー) 1575円
インク5本入(レッド)     525円

ココで買いました→「ITO-YA e-STORE」
| ポン太 | 本・文具 | 17:55 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
万年筆 ペリカン「ペリカーノ」ゲットしちゃいました
この前「ほぼ日手帳」の為に字の練習をするって書いたけど、思ったの。

ペンが悪いんじゃない? オイ(゚ロ゚*)ノ

そして目を付けたのが万年筆
いろいろ探すウチにペリカンの「ペリカノJr」に行き着いた。
これのイエローをドラマ「曲がり角の彼女」稲森いずみが使ってたんだって。
(ドラマで使われたのはキャップの白い旧タイプ)
安いしかわいいし評判いいし、いいなーと思ったんだけど
名前の通り子供用クリップがないから手帳にさせないの(≧Д≦)

で、やっと見つけたのがこのコハート
ちょっと太め

同じペリカンから出てる「ペリカーノ」
これも「ペリカノJr」と同じでスケルトンで4色あるの。()
悩んだ末、手帳と同じオレンジにする事に。(ホント、相当悩んだ)
インクは元々はロイヤルブルーが入ってるんだけど私は黒ペン代わりにするから
濃い目のブルーブラックも別に注文した。

最初、使いにくいなーって思ったけどすぐ書き方になれていんじゃない?ってラッキー
ちょっと字が太くて漢字は厳しいし、インクが乾くのに時間がかかるんだけど・・・不便なのを楽しむのって結構スキ。
私、筆圧が強くてすぐ手が痛くなるんだけどコレは全然力入れなくてもス〜って!
スラスラスラスラ・・・

図書館から借りてきた本のレシピをダ〜っと写す時も楽ちん快適ニコニコ

これからまたどうやって手帳を使いこなしていこうか。
そうゆうの考えてる時が一番楽しい。

ペリカーノ オレンジ     1575円
インク5本入(ブルーブラック) 525円

hob

ココで買いました→「ITO-YA e-STORE」
| ポン太 | 本・文具 | 20:57 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
すべては「ほぼ日手帳」の為に
ペン字練習セット

やっとの思い「ほぼ日手帳」をゲットしたものの、全然使いこなせてないふぅ〜ん
いろんな事に使いたくって、結局見難くなってしまっている。
もっと統一性をもたせて見やすいように考えなくっちゃ。

それはそうと、自分のほぼ日手帳を見返したとき、とてもイヤな気分になる。
出来るならば見返したくないくらいだ。

なぜならば・・・・・



私は字が汚いのだ。


これはもう、重大な問題だ
お気に入りのほぼ日手帳との関係をより親密な物にする為にも
鑑賞に耐え得る字になってもらわなければ困るのだ。


私は決心した。


絶対キレイになってやる!!!!!
(あ、違う( ̄▽ ̄;)?)


イヤ、字をデスね、書けるようになろうかと・・・
ホントはもっとカワイイヤツを買おうと思ってたんだけど
本屋さんで中身を吟味した結果、コレが私にあってるんじゃないかなって。

ノートはなかなか気に入るのがなくて、無印のB5サイズの方眼を探したけど
今は作られてないって言われた。
えぇぇぇぇぇヾ(。`Д´。)ノ彡
人気ないのかなぁ、結構便利だと思うんだけどなぁ。
横にチビッコサイズの方眼ノートが50円だったから買ってみた。
コレを使い切るまで練習したらちょっとは上手になってるかもラッキー
きっと、ひらがなは終わってるよね。

3日坊主になりそうな予感炸裂だけど、ちょっとづつやってみよう。

書き込み式 きちんと楷書で書くペン字練習帳
きちんと楷書で書く
ペン字練習帳

| ポン太 | 本・文具 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
まだかなぁ・・・ほぼ日手帳。
届きました(≧▽≦)ノって報告も目にする今日この頃。
そうだよね、14日から配達予定だもんね。
今日、18日だよ(>_<。)

発送しましたメールもまだ来ない。
23日までには全部、出荷し終えるらしいけど・・・
やっぱ関東方面からの配達なのかなー
ウチは九州だから後回しなの?

再販になってソッコー予約したのにぃぃぃヾ(。`Д´。)ノ彡
順番通り発送してよね!!


12月に入ってから福岡は雪ばっかり。
ついに今日、水道管が破裂。
洗濯できなくなっちゃった。

冬は好き。
ブーツ履けるから。
でも寒いのはキライ。
きっと、変温動物なんだワ。
冬眠しなくっちゃ。
| ポン太 | 本・文具 | 19:30 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
ほぼ日手帳 サーモンゲット(≧▽≦)ノ
今日の11時から「ほぼ日手帳」の追加販売が始まった。

仕事中も、9時、10時、10時半・・・11時!!!
でも仕事中だし、私のパソコンネットに繋がってないし(>_<。)
お昼休みになると同時にソッコーで社長の机に行きネットにつなぐ。

注文の画面まで行くも・・・繋がらない(((p(>o<)q)))
アクセスが集中してるんだろうな・・・
何度やってもダメで、諦めてご飯を食べて再度チャレンジモゴモゴ

今度はいけそうな感じ。
1回では繋がらないけど何度かしてるうちにちょっとづつ進んで行く。
最後のページが出てきた時には「ヨシ、来た!!!」ひらめき
と、叫んでいたたらーっ

買えないんじゃないかってすごく不安になったけど、
コレを書いてる時点でまだ全色在庫があった。

ナイロン・サーモン(セット)  ¥3,500

<私のほぼ日手帳>
☆ナイロン・サーモン(セット)         1 3500円 3500円
☆ほぼ日の付せん(白バージョン)     1 400円 400円
☆ほぼ日の下じき(白バージョン)      1 150円 150円

●商品合計金額 : 4050円
●配送手数料  : 630円
●ご請求合計金額: 4680円(税込み)


14日から配送だってo(*^▽^*)o
楽しみだー
| ポン太 | 本・文具 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |